代理母出産問題って、まあ、決着は永遠につかないんだろうね、って話

生活
スポンサーリンク

実は私、代理母出産を題材にして論文書いたことあるんですよ、大学の時。

まあ、それはいいんだけど。

これはなあ、なんというか、需要と供給があるからね。

言い方あれだけど。

永遠に決着はつかないわな、きっと。

私の周りでも何人かいるんですよ、代理母に出産してもらって子供を授かった人達。

医療の進歩ってのは凄いね!

お陰で多方面で議論巻き起こしてるけどね!

それで代理母出産なんだけど、ヘテロの夫婦で子供が出来なくて代理母に、って人達と、ゲイの夫婦で子供が出来ないから代理母に、って人達と。

なかには4回流産して、子供がどうしてもお腹の中で育たない、だから代理母出産は自分達にとって最後の望み、って人もいるな。

あと体の弱い人で出産に耐えられないから代理母に、って人もいるな。

養子じゃダメなの?、ってだいたいこういう話の時は出てくるんだけど、養子じゃダメなの、彼らにとって。

まあ、自分と血のつながった子供がいいんだろうな。

私、正直ねぇ、代理母出産、良いとも悪いとも言えないのよ。

代理母出産しか選択肢がなかった、って人達を見てるわけだし、代理母出産で生まれた子供達と友達なわけだし。

まあ、代理母制度について批判が出るのは当然だと思うのよ。

そりゃ禁止してる国もあるのは当然だと思う。

医学的な問題から倫理的な問題、社会的な問題、そして法的な問題と問題しかないからな。

多分私も一生答えだせないんだろうな。

ただ代理母出産で生まれた子供達が、奇異な目で見られたり、批判にさらされたりしないで、私達と同じように育ってくれればいいとは思う。


アメリカ合衆国ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました